FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園見学

ここ数年、新築マンションの乱立で、
保育園&幼稚園激戦区と化している居住区ですが。

去年・今年と、相次いで巨大マンションが完成したため、
更に入園事情が悪化しそうな勢いです。

なんと言っても、市内に公立幼稚園がない
私立幼稚園も11園しかない

そんな訳で、ここ数ヶ月の間。
9月の募集要項発表前から、ブログ放置状態で
ひたすら幼稚園情報収集に没頭していました。


で、調べた結果……。

今ドキは年少ならぬ年々少から始まる4年保育があり。
この時期、そのほとんどは募集・願書受付が終了しており、
GW明けには、おチビちゃんクラスも始まってしまうとのこと。

一体、いつどこでそんな募集していたんだ~???という感じです。


HPとか、ちょこちょこチェックはしていたけれど、
そんな情報、載っていなかったような?!

ただでさえ、幼稚園は2年保育でイイや~と思っていたのに、
3年保育でないとまず入れない、ましてや4年保育なんて~



西隣の区では、幼稚園浪人を避けるべく、
1歳の夏前には、早々と民間のプレ専用教室
(よくある○○教室ってヤツですね)へ申し込み予約を入れ、
人気の高い幼稚園への入園を目指して、
お勉強に体操にリトミックに励む、というスタイルが
広がりつつあるそうです。

ウチの区も、数年後には同じような状況になるんだろうな~



世の中のヘンな流れにジレンマを感じつつ、幼稚園探しを続けていたら。

ここなら、にゃんも楽しく過ごせるかな?
という幼稚園に出会いました。


続きを読む

スポンサーサイト

トレパンの謎、解明

地域の子育て支援センターで、
保育士さんによる「オムツはずし講座」があるというので。

知り合いのママさんたちにもお声を掛けて、
お弁当持参で行ってみました。


定期的に開催されている講座は、
いつもそこそこの参加人数なのだけれど、
今日は、部屋には溢れんばかりの人、人、人~。

関心の高さが伺えます。
……って、みんな試行錯誤でやっているのよね、きっと



おチビちゃん達が元気に遊び回る中、
いよいよ講座スタート!

大雑把にまとめると、
トレトレの基本ステップは、以下の4段階↓

 ①声掛け
    「オ○ッコ、いっぱいしたね~」
    「ウ○チ」、たくさん出たね」などなど。
    これは、赤ちゃんの頃から自然にやってる方も多いのでは?
    排泄を意識、プラスイメージを持たせる効果があるそうです。

 ②トイレへの誘導
    まず1週間、排泄記録を付けて、大体のリズムを把握。
    それから、2時間毎orイベント(食事・お風呂など)毎に
    トイレへ誘導→「排泄成功=嬉しい」体験を重ねましょう! 
    座る時間は、長くても1~2分程度に。

 ③お知らせ練習
    トイレに慣れてきたら、徐々に「事前にお知らせ」の練習を。
    排泄前のムズムズ感(?)を掴めるよう、タイミングよく声掛け。
    「感覚」を伝えるのは至難の業、ココが一番、難しいそうです。
    焦らず気長に~。

 ④トレーニングパンツ開始
    排泄前に教えてくれ、その成功率が50%を超えてきたら
    いよいよトレーニングパンツです。
    いきなり布パンツでも、トレパン(布・紙)でもOK。
    卒業まであと少し、のんびり進めて……

 祝! オムツ卒業 



これで、トレパンの謎が解けました(笑)
そっか~、目安は成功率50%なのか。    

早くからトレパンを使用してもよいのですが、
使い始めたから卒業が早くなるという訳でもないので。
成功率が高くなってからで十分なんだそうです。


あと、排泄の種類によってトレトレの進み具合が異なるのは、
当たり前のこと(膀胱と大腸の発育速度は違う)ので、
オ○ッコは出るのにウ○チが出ない……などと、悩む必要はないそう。  

なるほどな~、という感じです。



ちなみに、にゃんは。
ステップ②~③あたりを、のんびりやってます。

一時期、突然「やっぱりイヤ~!」と
トイレ拒否をすることもあったけれど。
今は落ち着いていて、結構喜んで座ってるかな~。

座ると、必ず「メロディトイレ♪しまじろう」の青ボタンを押し。
トイレしまじろう

成功すると、赤ボタンを押して
Mamとハイタッチ…すっかり策にハマってます

この調子で、今年の夏くらいに外れたらよいのだけれど。


気張らず焦らず、のんびりやっていく予定です。


歯医者デビュー

1歳半検診以来、ずっ~と気になっていた「歯」。

2歳も過ぎたので、思い切って
Mamかかりつけの歯医者さんで
歯科検診をしてもらうことにしました。



で、やっぱり気になるのがムシ歯

どうもウチは、公共機関の医者との相性が悪いようで。
1歳半検診の時も、感じの悪~い中年オヤジに
「ホントに磨いてんの?」
「全然磨けてないよ」
とか何とかいちゃモンつけられたものだから、
(でも、フッ素塗布の先生にはOKもらったのよ)
やっぱり心配で。

予約日の1週間位前から、
「先生に『あ~ん』って言われたら、『あ~ん』!」と
大きく口を開ける練習を重ねてから、いざ出陣。



歯医者さん独特の雰囲気とニオイに
はじめは戸惑っていたにゃんも、
待合室に流れていたDVDアニメのおかげで
すっかり馴染んでしまい。

受付のお姉さんに、「お口を『あ~ん』ってしてね」と言われ、
素直にその場で大口を開けたにゃん。
そのまま待合室から診療室へ入っていったものだから、
周囲は大爆笑

本人もウケたのか、ますますテンションが上がり。
診察台にも喜んで登り、あちこち機械をいじりまくり。
必要もないのに、「くちゅくちゅ、ぺー」をさせてもらったり、
クマさんのフロスを頂いてしまったり。


診察もあっという間に終了し、
「よく磨けてます」との嬉しいお言葉が。

フッ素塗布も、これだけ磨けているから、と
必要ありませんとお断りされてしまいました。

歯医者で一般的に使用されるフッ素は
市販のフッ素配合歯磨きジェルに比べて、
約10倍の濃度があるそうで。
虫歯になりそう……という時以外は、
市販のモノで十分なんだそうです。へぇ。


食べたら磨く!をモットーに、
頑張って磨き続けてきた甲斐があったわ~、という感じです。

なんせね、まだ卒乳してないし。
そのせいでムシ歯になったんだ、とか言われたくないし。

先生も、半ばあきれ顔で
「ホントは、歯のためには卒乳した方が良いんだけどね~」
「でも、これだけちゃんと磨けてるしね~」
と、渋々承認。

次は、3ヶ月後の検診です。



ちなみに、にゃんが愛用しているジェルはこちら↓
歯磨きジェル

親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき 40ml


よく「子供の歯磨きは水だけでイイ」と聞きますが。
(歯医者でも言われました)

でも、大人でも歯磨き粉ナシだと
ちょっと気持ち悪かったりしませんか?!


おチビちゃんでも同じかな~と思って使い始めたのですが、
これが大当たりで。
ウチでは歯磨きのイヤイヤ!は全くありません。

ふきふきタイムpH とかハキラも大好きです。

……ちょっと、使い過ぎかも?




1ヶ月遅れのプレゼント

早いモノで、あっという間に2歳も1ヶ月になりました。

で、遅ればせながら
ようやくお誕生プレゼントを購入。


そう、迷いに迷っていたボーネルンドのキッチンセンター
ついに買っちゃいました~

って、リサイクル品なんですけどね

美品とはいえ、お誕生日プレゼントが中古というのも可哀想なので、
後日、ちゃんと欠品補充+新品のピクニックセットを追加してあげましたけど。



当のにゃんは。
鮮やかなデン助カラーの可愛さにノック・アウトされたのか、
そりゃもう、ものすごい食い付きっぷりです。

やっぱり生まれながらにして女の子なんだな~。

  未だにジェンダー・フリーを叫んでる方々もいらっしゃるようですが。
  子供の遊びには自ずと性差が出る、なんて研究結果も
  たくさん出てますよね。
  人間の場合、やはり女の子は「ごっこ遊び」を好む傾向が強いそうです。
  もちろん男の子も「ごっこ遊び」が好きですが、
  女の子ほど夢中にはならない……というから不思議


見てると、思わぬ仕草も真似されていたりして、
こっちもドキドキハラハラです。


この間は、シンクでジャ~ッとフライパンを洗う真似をした後、
(フライパンを拭く)ふきんが無いー!と、文句を言われちゃいました。

タオルを渡したら、ちゃんと拭き拭きして、
オーブンにしまっていた辺りは、微笑ましかったのですが。


でも、寝る前に1時間も2時間も付き合わされるのは、
ちょっと勘弁して~








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。