Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyanx0o0xmam.blog70.fc2.com/tb.php/34-d74389ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そろそろ入園説明会&願書配布

9月1日以降、市内の幼稚園協会による協定により
園児募集活動が全面解禁になったためか。

街のあちこちで、園児募集のポスターを
見かけるようになりました。]

見知らぬママさん同士でも、子供が同学年と分かるや否や、
幼稚園の話になることが多くなり。




地域的に、市内でも有数の幼稚園激戦区ということで。

3月末頃から幼稚園探しを始め、
運良く素敵な幼稚園と巡り会い、4月末には見学、
5月にはプレ入園…と順調に来ているものの。

通っているところが特色のある幼稚園なので、
いわゆる普通の幼稚園ってどうなんだろう?という思いもあり、
夏休み前に滑り込みで、3園ほど見学に行ってきました。
(一応、区内の幼稚園は全て現地確認済)

本当は、ちょっと覗いてみたいな…という園も
まだ幾つか残っているのですが、スケジュール的に断念。
早いところは、既に説明会も始まっているようです。
   結構、説明会の日程ってダブらせてあるんですよね
  やっぱり、これってわざと?! 




これまで、通園距離&ややお高い学費がネックになって、
本決定を先延ばししてきたのですが。

やはり幼児期の一番大切な時期に、
信頼できる先生のもと、良い環境の中で
たくさんのお友達と充実した時間を過ごして欲しいよね。

ということで、今通っている幼稚園に
願書を出そうということになりました。
(基本的に抽選はない園なので、多分確定です)

もちろん幼稚園入園のゴタゴタ騒動に巻き込まれたくない、
なんていう下心もあったりするのですが



もし区内の幼稚園への入園を希望するとなれば、
まず第一の難関が、願書争奪戦。

配布する願書の冊数は限られているので、
いわゆる人気園を希望する場合は、
早朝から並ばなければ入手できない…とのこと。
(この時点で、既に戦意喪失)


そして、最大の難関が入園のための願書提出。
私も最初は「出すだけなのに何故?」と思っていたのですが、
問題は、その提出時間と選考方法にあるようで。

どの園も願書の提出時間は指定されていて、
なんと大抵が午前7時~8時頃という早朝の時間帯、
しかも期限はたったの30~1時間程度。
  恐らく園の都合+各家庭の都合を考慮して、
  出勤前に提出できるようにということなのかもしれないですが。

園によっては、午前0時からというところもあるそうです。

で、願書提出が締め切られると、即「抽選」。
その場で合否が決定し、外れた人はキャンセル待ちを申し込みつつ、
また他園の抽選へ駆け込むことに。


 実際、去年の入園に際して、こんな方もいらっしゃいました。
 (ご本人から、直接お話を伺いました)

   午前0時に提出→抽選外れ、キャンセル待ち
   午前7時にご主人と手分けしてW出願
             →抽選外れ、キャンセル待ち
    <繰り上がりの連絡待ちも、連絡ナシ>
   午前8時半の〆切直前に、抽選のないマンモス園へ出願
    <ようやく入園確定>


中途半端にこども園の整備を進める行政にも苛立つけど、
私立幼稚園側も煽ってるよね?!(と思うのは私だけ?)





ただ、たとえこのドタバタを切り抜けて園が確定しても
それで終わり…なのではなく、入園してからが始まりなんですよね。
子どもにとっては。


例えば、にゃんと同じプレ・クラスに、
一学年上(本来なら年少さん)の女の子がいました。

区内でも1・2位を争う人気園に
優先枠でスムーズに入園が決まったのに、
どうしてもそのスパルタ式の幼稚園に馴染めず、
とりあえず様子見で…と、参加されていました。

幼稚園=恐いところ、という思いがなかなか払拭できず、
お母さんもかなり苦労されていましたが。
先生方のフォローもあって、つい最近、ようやくお母さんの手を離れて
年少さんグループに入っていけるようになりました。
いまでは、立派な年少さんの一員です。



また別の女の子は。
早生まれだから4月入園は早い、と、
親御さんの判断で、この9月に入園してきましたが。

周りは既に幼稚園のやり方に慣れ、
「お友達グループ」が出来つつある中、
一人溶け込めず、いつも不安そうにしています。

もちろん、先生方もとても気を配っていらっしゃるし、
プレのママ達もなるべく協力するようにはしているのですが。
やっぱり数ヶ月間の経験の差は大きいなぁ、と感じます。

4月入園の子ども達は、幼いながらも
母親と別れる淋しさや幼稚園で過ごす不安を共有することで
励まし合ったり慰め合ったりする中で、
既に連帯感、仲間意識といったものを持ち始めているんですよね。

親が良かれと思ってやったことでも、
子どもにとっては、更なる試練…ということもあり得るんだなぁと実感。


きっと、それぞれ色々とあるんですね。



それにしても。
早くスッキリ&サッパリしたいモンです……。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyanx0o0xmam.blog70.fc2.com/tb.php/34-d74389ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。