FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyanx0o0xmam.blog70.fc2.com/tb.php/40-70b382de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドタバタ、そして経過観察

↑といっても、にゃんのことではありません。

実家の母です



先週の金曜日。
浴槽でひっくり返っているのを父が発見、
救急搬送されました。

幸い命には別状がなく、翌日はにゃんを連れて見舞い、
翌々日には退院することが出来ましたが。

地元病院での受診を強く勧められ、
週明けに、複雑な心持ちの父を押し切る形で、
またまたにゃん連れで、私も診察に同行してきました。


担当が、私と同い年ぐらいのドクターだったのですが。
目の前にいる母の様子と、紹介状と、父の話が、
全く符合しないことに大パニック。

相当レアな重症例なので、
一度は、現病歴をかいつまんで話そうともしたのだけれど、
パニくるドクターは、「ちょっと待って下さい!」と混乱する一方。
きっと、まだまだ経験浅いんだろうな~。頑張れ

ちょっとイジワル?と思いつつも
そのまま生温かく見守ることにしました。


結局、埒が明かずスーパーヴァイザーと思しきドクターに電話相談、
MRIを撮ったところで、一応解決。
後日、改めてそのドクターの診察を受診することになりました。

で、診察に要した時間は4時間
さすがのにゃんもグッタリ。付き合わせてゴメンよ~。


ちょっと重い記事になってしまいますが、
詳細は、また診察後にでも。



とりあえず、
病院と関わろうとしないことが、長年の心配事であっただけに。
今回の件は、娘的には結果オーライです。

救急搬送されても、全く動じなかったところは、
自分でも、ちょっと冷たいかな~とは思ったりしたけど。


まぁ。そんな親子関係だから、仕方ないのかな。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyanx0o0xmam.blog70.fc2.com/tb.php/40-70b382de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。